症状別スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害は医学的に「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患です。運動に伴う筋肉の伸縮とねじれ、骨の衝撃吸収などでスポーツは肉体に与える負荷がとても大きいのです。
それに加え、本番の備え練習を積み重ねていく為、身体への負担は相当に大きなものになって行きます。スポーツへの情熱が、逆にスポーツ障害を起こす原因となってしまう事もあります。

筋肉痛
原因

筋肉痛は筋繊維が伸びた状態で力を出そうとするので、筋繊維が小さな断裂を起こし筋肉痛の痛みを引き起こす原因になります。

治療

筋肉痛は、疲労で損傷してしまった筋肉が再生する過程で起こるものです。この痛みは、筋肉の炎症が原因の一つとなっています。炎症をアイシングなどで鎮めた後で、マッサージや入浴で血行を良くして治りを早めます。

突き指
原因

突き指は指先から根本まで強い衝撃が加わることで起こる捻挫の一種です。
指は腕や脚に比べ脆弱な箇所であり、少しの隙をついて怪我が起きてしまいます。

治療

突き指を起こした場合は自分で引っ張ったりせず、患部の冷却を行い固定します。また、骨折や腱の損傷を引き起こしている可能性があるため、整形外科等での治療をお勧めします。

脱臼
原因

関節は骨と骨が連結して構成されていますが、その骨が部分的、または完全に外れ、本来の状態に戻らない状態を脱臼と言います。

治療

脱臼した関節を元に戻す「整復」、その後の靱帯への処置が重要なので専門の整体師や整形外科医に見てもらう必要があります。

肉離れ
原因

肉離れは、太腿やふくらはぎの筋肉が断裂してしまうスポーツ障害です。
筋肉痛の原因でもある筋肉の断裂は、肉離れの場合筋肉痛よりも広範囲で起こる為、完治するまで数週間以上掛かるケースも少なくありません。

治療

早急な対処をすることが肉離れ治療の基本です。
横になって安静にし、患部の冷却を行います。症状によっては薬で痛みを抑えたり、電気刺激を与えたりします。

椎間板ヘルニア
原因

老化などで骨や筋肉が弱くなる事で背骨の椎骨と椎骨の間にある組織が上半身の重さで潰されて、中にある椎間板が背中側にはみ出してしまい椎間板ヘルニアを起こします。

治療

椎間板ヘルニアは、自然治癒する場合が多く保存療法が主なケースですが、症状が重い場合は外科手術などで治療する必要があります。

骨折
原因

骨が折れる事で起きる骨折は、怪我の中でも重傷の部類に入り、内容によっては外科手術を伴い、長い時間を掛けて治療に専念するケースもあります。

治療

骨折をした場合、角材などの硬いものを添え木にして患部を固定し、担架を使って安静な状態を維持したまま病院に運ぶようにしましょう。

  • 運動施設併設
  • 小林接骨院とは
  • 症状別施設紹介
  • 症状別スポーツ障害
  • みどりクリニック
診療時間
9:00~12:00
15:00~19:30 18時迄
15:00~20:30

※休診日 :水曜日・日曜日・祝日